住宅災害保険申請サポート

火災保険にご加入中の皆様、火災保険は自然災害の修繕にも使えることをご存知ですか?

調査の結果80%の住宅が自然災害の被害にあっています。
しかし、屋根の被害は気付き難く、雨漏りして初めて気付くことが殆どです。

火災保険は火災だけでなく、日々の雨風や雪、ひょう、台風の被害にも対応しております。
そのため、お客様の負担0円で住宅の修繕が可能です。

保全協会では、お客様の大切な住宅資産価値を維持するため、住宅の無料診断から申請までサポート致します。

修繕までの流れ

home_flow
※診断、保険申請費、工事費などのお客様の負担は一切ございません。


よくある質問

「保険料はあがらないの?」
→自動車保険などの等級がないため、保険金の支給を受けても保険料が上がるという心配はございません。

「なぜみんなこの仕組みを利用しないの?」
→保険の条項が複雑なため、自然災害で適用可能な事を知らない方が殆どです。
また、専門知識が必要になりますので、お客様個人での申請はかなり困難です。

「工事費が支給額より高いことはないの?」
→診断の結果から、修繕に必要な工事費と相当額が支給されます。



不動産・管理会社様向け導入

導入利点

・管理物件の定期巡回点検の中に屋根の点検を加えるだけです。

点検は保全協会提携の会社が請け負い、自然災害の被害があった物件のみ、
サービスを大家さんへ提供します。
大家さんの負担もないため、大家さんにも大変喜ばれます。
面倒な申請など、業務負担が少なく、大家さんの信頼を高めることができます。

・手数料によって売上げアップ

一棟につき4万円〜20万円の「業務協力費」が得られます。
既存の管理物件からサービスを提供して、翌月から売上増しの管理会社様が殆どです。

・複数の管理会社様が入る物件を自社のみが管理する巻き返しが図れる
可能性もあります。

導入成功の秘訣

・点検によって自然災害の被害が発見された物件があれば、
早めに大家さんへ取り次ぐ。

早期着工により、管理会社様への手数料の支払いを早めることができます。
また、雨漏りの被害を未然に防ぐことができます。

・多くの管理物件の点検によって、管理者様への手数料アップに繋がります。



日本住宅保全協会
関東推進取次店
合同会社エンハンス


home_flow
一般社団法人
日本住宅保全協会
東京都渋谷区神宮前5-29-9-401
0120-926-703




個人情報(JAPHIC)

個人情報
(JAPHIC)のサービスについて
ご紹介します。

詳しく見る

運営資金(コスト削減)

運営資金
(コスト削減)のサービスについて
ご紹介します。

詳しく見る

セカンドライフ(選択性401k)

セカンドライフ
(選択性401k)のサービスについて
ご紹介します。

詳しく見る

研修制度

研修制度
のサービスについて
ご紹介します。


詳しく見る

イメージ(名刺作成、サイト作成)

イメージ
(名刺作成、サイト作成)のサービスについて
ご紹介します。

ハウス(住宅災害保険申請サポート)

ハウス
(住宅災害保険申請サポート)のサービスについて
ご紹介します。

詳しく見る